読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

人においしい水は、菌にもおいしい!?ご自宅のウォーターサーバーは清潔ですか?

何時でもおいしいお水が飲めるウォーターサーバー、機器にも様々な種類があり安全性が高いことで注目をあびています。
しかし自宅でお手入れをすることで、さらに菌の繁殖を抑えることが可能なのはご存知ですか?

 

レンタルのその前に、安全に特化したウォーターサーバーの選び方。

ミネラルウォーターやピュアウォーターなど、安全性が高いことから赤ちゃんのミルクにも使用できるウォーターサーバー。けれど純水ならではの菌の増殖といった危険も孕んでいます。しかしウォーターサーバーの選び方のポイントを押さえれば、安心して飲むことができます。安全性の高い機器を選ぶ3つのポイントをご紹介します。

引用URL:本当に安全性の高いウォーターサーバーを選ぶ3つのポイント | ウォーターサーバーKING

注入口には要注意!簡単なお手入れで菌をシャットアウト。

ウォーターサーバーには温水と冷水、2種類の注入口がついています。お水はボトルの中に保存されていて清潔なのですが、注入口は手動なので人の手がふれるため菌の繁殖の窓口になる可能性を秘めています。しかし自宅でできる簡単なお手入れで、雑菌対策ができ、お水の安全を守ることが可能なのです。 

引用URL:ウォーターサーバーの衛生面は2種類の細菌対策で万全! | ウォーターサーバーのアルピナウォーター

お水を安全に飲むためには、メーカーのチェックも大切。

手軽なお手入れで雑菌予防は可能ですが、ウォーターサーバーのメンテナンスを自宅でするのは簡単ではありません。そのためレンタルの際にはプロのメンテナンスにお願いするのも安全性を保つ秘訣です。水質検査を定期的に行っているかを確認することで、お水の清潔さの確認にも繋がります。

引用URL:ウォーターサーバーは汚い?不衛生?について正しい知識を力説

自宅でも本格お手入れができる、魅力的なクリーニング機能。

しかしお手入れを徹底しても、自宅でボトルを取り換える時に空気中の雑菌が入りやすくなってしまい、それが雑菌繁殖の元になりやすいのです。しかしウォーターサーバー自体がお掃除してくれるクリーニング機能がついている機器を選ぶことで、最近の繁殖をぐっと抑えられるのでオススメです。

引用URL:ウォーターサーバーの正しい選び方.com|失敗しない業者選びのポイント!

引用URL:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)