読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

衛生面に注意して安心なウォーターサーバーを選ぶ!

近年、家庭やオフィスでは飲用水としてウォーターサーバーを導入するケースが増え、馴染み深いものになりつつあります。
では、実際にウォーターサーバーを選ぶ上で注意する点とは一体なんでしょうか?

 

雑菌に要注意!衛生管理のしっかりできるものを。

WaterLife『実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)』というサイトによると、ウォーターサーバーは、構造上、ボトルの交換時や雑菌を極力使わない水である点から雑菌が浸入・繁殖し易くなっていると紹介されています。 

さらにウォーターサーバーの内部の掃除やメンテナンスを行わないと、汚れもたまりやすく不衛生なのです。つまり日ごろのメンテナンスで衛生管理する必要があるのです。

厳しい日本のミネラルウォーターの規格

日本は水質に関しては厳しい基準を設けており、販売されるミネラルウォーターに関しても同様に厳しい基準があります。
日本の水の安全性は極めて高く、規格をクリアした安全な水を飲むことができるのですが、ミネラルウォーターの種類が増えたことから年々、求められる基準と安全性が高くなっています。

自分で安全性の確保と衛生管理の徹底を。

ウォーターサーバーには必要分だけミネラルウォーターを宅配できたり場所にとらわれないなどのメリットがありますが、衛生管理を怠ったり構造上不衛生になり安そうなものを選ぶとデメリットも増えます。
もっとも重要なことは、自身で安全性の確認をしっかり行ってウォーターサーバーを選ぶことと、日ごろや交換時などの定期的なメンテナンスで衛生面の管理を徹底していくことです。

ウォーターサーバーの選び方まとめ

上記のように、選ぶうえで重要なのは衛生的な構造や機能、メンテナンスサービスなどが充実しており、かつ自身でも衛生に関して管理していくことが重要です。交換時に空気や雑菌の入り難い構造のものや、クリーニング機能のある商品を選び、定期メンテナンスを行いましょう。
定期的な衛生管理により安全でおいしく・美しいミネラルウォーターを手軽に飲むことができ、生活を豊かにしていけるのです。