読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

毎日の生活に備蓄にウォーターサーバー

毎日の生活にも備蓄にも便利なウォーターサーバー、どのような基準で選ぶと失敗のない安心の快適・健康ライフが得られるのでしょうか?
色々な視点からそこに迫ってみました。

 

豆知識:ウォーターサーバーの歴史を見てみよう

ウォーターサーバーというと新しい印象が強いですが、意外と歴史は古く海外・特にアメリカでは100年以上前からあります。
当時のアメリカは水道の普及も少なく、安全な飲み水の確保が非常に大変だったためキレイな水の宅配が仕事として成立したのです。タンクから取り出しやすいようにウォーターサーバーも普及したというわけです。

引用URL:意外と知らないウォーターサーバーの歴史

日本のウォーターサーバー、一気に普及したのは?

日本でウォーターサーバーが急速に普及し始めたのは東日本大震災以降で、災害時の備蓄にも適しているという理由からでした。当時のサーバーは定期的なメンテナンスが必要なものが主流で、怠ると雑菌が繁殖しやすいというものが多かったです。
最近は安全基準が厳しくなり、衛生面もトップクラスなので安心・安全の保証は確保されました。
引用URL:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

ウォーターサーバーの機能が気になる方へ。

ウォーターサーバーの基本的な機能として、冷水・温水機能が備わっています。いつでも冷たい水が熱いお湯が出てくるのは大変便利です。
小さな子供が知らずに怪我をしないよう、チャイルドロックもしっかり搭載されています。
サーバー内を清潔に保つ殺菌機能として、無菌エアシステムや熱湯消毒機能等が備わっていると毎日もっと安心・安全が保たれることでしょう。
引用URL:ウォーターサーバーマニアの比較サイト!

省エネにこだわるウォーターサーバー選び

ウォーターサーバーを導入すれば必ずその分の電気代が多くなります。
主流のメーカーで大体の目安が1000円/月前後で、省エネに特化したサーバーだと300円/月代と700円/月の差です。
通常だと無料サーバーなのに、省エネに特化したサーバーはレンタル料が発生することもあるので、毎月の料金のバランスを見ながら省エネサーバーを選ぶといいでしょう。
引用URL:ウォーターサーバーの電気代をなるべく安く|Baby water