読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすい

ウォーターサーバーは定期的な掃除が必要です。
雑菌が繁殖しやすい構造があるのです。

 

安全なはずのウォーターサーバーが?!

ウォーターサーバーは安心・安全」だと思い込んでいませんか?意外にそうも言えない現実があります。
タンクの交換の際に、ウォーターサーバーの注ぎ口に空気中の雑菌がついてしまい、タンクの中で繁殖してしまうのです。定期的なメンテナンスが欠かせません。

引用URL:安全なはずのウォーターサーバーに潜むワナ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ウォーターサーバーの掃除で細菌除去

ウォーターサーバーの通水口は細菌の繁殖を防ぐため定期的に掃除することが大切です。
掃除の方法は、ボトル交換口をふきんで拭き取り、ほこりを払います。その後にアルコール系の消毒液で殺菌します。また、蛇口部分も菌が繁殖しやすいので、ふきんでしっかり拭き取り、アルコール消毒液で殺菌します。

引用URL:ウォーターサーバーの掃除で細菌除去! | ウォーターサーバー・宅配水なら うるのん【公式】

安全に配慮したウォーターサーバーを選びましょう

現在は様々なウォーターサーバーが販売されていますが、安全に配慮したものを選ぶことが肝心です。
ボトル交換時に空気中の雑菌が入りやすいので、空気が入りにくい構造のサーバーを選んだ方がいいです。またサーバー自体にクリーニング機能が付いているものであれば、タンクの中の掃除しづらい部分もきれいにしてくれるので便利です。

引用URL:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

ボトルの形状によって雑菌の繁殖のしやすさが変わる!

抵抗力の低い赤ちゃんには衛生的なお水を飲ませたいものです。
ウォーターサーバーが今は人気ですが、ボトルの中で雑菌が繁殖しやすいものがあります。ボトルには「ガロンタイプ」(潰れないタイプ・回収、再利用する)と「樹脂タイプ」(潰れるタイプ・ゴミで捨てる)があります。ガロンタイプは減った水の分だけ外気がボトルの中に入ってくるので雑菌が繁殖しやすいです。樹脂タイプの方が外気に触れない分衛生的と言えます。

引用URL:ウォーターサーバー選びのポイント