読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルの水に賞味期限があるのを知っていますか?

災害に備えてペットボトルの水を大量に備蓄している方も多いのではないでしょうか。
水のペットボトルにも賞味期限があるのですが、確認されていますか?

 

 水のペットボトルの賞味期限はどれくらい?

水のペットボトルの賞味期限は未開封であることが前提です。
水のペットボトルが未開封の場合、賞味期限は一般的に1年から5年が目安で、2年くらいが特にポピュラーです。
開封された物はできるだけ早く消費してください。

賞味期限が切れたペットボトルの水は飲めないのか?

実は、ペットボトルの水は加熱殺菌、濾過されているため、きちんとした状態で保管された密閉されているペットボトルであれば、基本的に水は腐ることはありません。
したがって、賞味期限を数ヶ月超えても、衛生面で飲めなくなることはほとんどありません。

ペットボトルの水に匂いがある?

長い間保管していると、ペットボトルが僅かに空気や匂いなどを通してしまうことがあります。ペットボトルの容器は、一般的に匂いが移りやすい性質があるようです。
そのため、保管の時匂いの強いものが周りにあれば、匂いがペットボトルの水に移ってしまうので、保管場所に注意が必要です。
水は無色、無味無臭なので気になって飲めない人が多く、そのようなときは、洗濯や洗いものに使うのがオススメです。しかし、なによりも早く消費するようにしましょう。

何年も賞味期限を超えたペットボトルの水でも飲めるのか?

賞味期限が何年間も経過すると、ペットボトルじしんが劣化する可能性があります。そうすると、劣化によって、傷ができ、そこから雑菌が繁殖することもあります。
でしから、いくらペットボトルの水は腐ることはないからと言って、放っておくのではなく、賞味期限を確認し、賞味期限内に使用するようにしましょう。

water-life.info