読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

生命に必要不可欠な飲み水あなたは何を第一に求めますか?

近年はさまざまな水が売り出され、同時に自分の飲み水にこだわる人も多くなってきました。
東日本大震災後は特に飲み水への安全性を重視する傾向が上がり、ミネラルウォーター市場も順調に売り上げを伸ばしています。

 

ウォーターサーバーのお手入れはしていますか?

ウォーターサーバーのきれいな水も雑菌が入り込んでしまっては本末転倒なので、日頃からのお手入れを心がけましょう。
たいていはメーカーでメンテナンスサービスを行いますが、小まめにしてもらえる訳ではありません。セルフクリーン機能付きのウォーターサーバーを選ぶというのもひとつの選択でしょう。

引用URL:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

お手軽でエコな浄水方法があった!

ペットボトルの水を購入しているなら、浄水タンブラーに変えることでエコに貢献できます。
水筒のようなボトルに活性炭入りカートリッジをセットし、水道水を入れて振るだけで浄水できるという優れものです。空のボトルを会社に持っていき、そこで水を入れれば出勤中重い荷物を持つ必要がなくなるでしょう。

引用URL:オシャレでエコにも貢献!浄水タンブラーには魅力がいっぱい! | WaterLife(ウォーターライフ)

浄水器はカートリッジの寿命も考えるべき

浄水器はなるべく長く使いたいものなので、カートリッジの寿命を比較して選ぶといいでしょう。本体の安さで決めてしまうと後々のカートリッジ交換で涙を浮かべる羽目になるかもしれません。

浄水器はポット型、蛇口直結型、据え置き型、アンダーシンク型の4種類が主流です。この順番にカートリッジの交換時期が長くなりますので参考にしてみてください。

引用URL:いつまで使える?浄水器のタイプ別寿命 | WaterLife(ウォーターライフ)

海外と日本のミネラルウォーターには大きな違いがあった!

ヨーロッパではミネラルウォーターのミネラル分などを残すために殺菌処理してはいけないと決められていますが、日本では厳しい基準の下に殺菌処理がなされています。また、輸入したミネラルウォーターもミネラル分を最低限残し殺菌処理しています。
日本で採水されたミネラルウォーターは4種類の異なる方法で殺菌されているので、名前も4種類に区別されているのです。

引用URL:ミネラルウォーターの安全性は信じていいの!?日本における殺菌処理法とは | WaterLife(ウォーターライフ)


water-life.info