読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーの衛生面について

ウォーターサーバーを設置する方が増えてきました。
しかし衛生面に不安も感じる方も少なくないと思うので、ウォーターサーバーの衛生面についてまとめました。

 

ウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすい

ウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすい構造になっています。水を補給するためボトルを交換しなければいけませんが、交換する際に雑菌がウォーターサーバー内に侵入しやすくなっています。他に、ミネラルウォーターは水道水に比べて、殺菌成分が極力使われていないので雑菌が繁殖しやすくなります。
メンテナンスなどを行わないと、菌が繁殖したウォーターサーバーを使い続けてしまうことになります。

引用URL:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

各メーカーが行っている衛生面の配慮

各メーカーでは衛生面を守るために、さまざまな配慮をしています。
たとえば、水を出したときにボトルに入る空気を、浄化フィルターで無菌化したり、水の中周辺の空気を浄化し、無菌状態にして水を保管するなどの配慮をしています。

引用URL:ウォーターサーバーの衛生面は2種類の細菌対策で万全! | ウォーターサーバーのアルピナウォーター

衛生的に使うためのメンテナンス

ウォーターサーバーを設置すると、業者によって差がありますが年に約1、2回の定期メンテナンスが行われます。定期的なメンテナンスはウォーターサーバーを衛生的に使うためには必要なことです。
メンテナンスについては別途費用がかかる場合と、毎月のレンタル料にメンテナンスの費用が含まれている場合などがあるので、契約する前に確認しておくと安心です。

引用URL:ウォーターサーバーの衛生面 | 赤ちゃんのためにママが選んだウォーターサーバー

衛生的に使うために自分でできること

安心な水を飲みためには、自分でもできるお手入れをすることも大切です。
ボトルを交換する際に、アルコールをつけた布やアルコールティッシュを使い、ボトルの差し込み部分をふき取ったり、水が出てくるコック部分をふき取るようにすると、衛生的に使うことができます。
このように自分でお手入れを行ったり、定期的なメンテナンスを行うことで衛生的で安全にウォーターサーバーを使うことができます。

引用URL:ウォーターサーバーの衛生面ってどうなっているか知っていますか?|ウォーターサーバー・宅配水比較@ランキング