読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーを選択する際は安全性リスクを考慮しよう

ウォーターサーバーは一般家庭でも多くの方が利用するようになってきていますが、皆さん安全性についてはあまり考慮せずに選択しているようです。
そこで安全性のリスクについて4つの記事に分けてまとめてみました。

 

ウォーターサーバーは構造的に雑菌が増殖しやすい点が問題となっている

ウォーターサーバーはボトルの交換時に外気が混入したり、消毒する方法として水道水の塩素ような殺菌成分をあまり使わない為、雑菌が増殖しやすい点が問題となっています。
しかし、年々、安全基準は厳しくなっており、各企業は自社のウォーターサーバーに安全性を保つ為の対策を施しています。ですから、必要以上に心配する必要はありませんが、構造上の安全性の問題については予め認識しておく必要があるでしょう。

引用URL:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

メンテナンスを怠ると注水口などから雑菌が進入して増殖してしまう

微量な水分でも増殖してしまう雑菌はウォーターサーバーでもメンテナンスを怠ると例外なく増殖してしまいます。夏場などは特に気を付ける必要があり、注水口の洗浄やパイプに長期間溜まったままになっている水の洗い流しなどは、きちんと行っておく必要があります。
簡単なこれらの作業だけでも増殖した細菌の数は大きく減少します。

引用URL:安全なはずのウォーターサーバーに潜むワナ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

安全性の高いウォーターサーバー選びで重要となる3つのポイント

ウォーターサーバーの安全性を見極めるポイントとして挙げられるのが、サーバー内部への空気の混入を防止できる構造であるかどうか、定期的なメンテナンスを行っている企業であるか、ウォーターサーバー自体にクリーニング機能が付いているのかどうかの3つの点が重要となってきます。
これらの3つのポイントは各企業のホームページなどでチェックすることができるので、サービスを利用する前に必ず確認しておきましょう。

引用URL:本当に安全性の高いウォーターサーバーを選ぶ3つのポイント | ウォーターサーバーKING

安全性の高さで人気のウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーはボトルの形式によってリターナブル方式とワンウェイ方式の2通りの方法がありますが、安全性や扱いやすさの点でワンウェイ方式の人気が高まっています。
例えば、女性でも扱いやすいボトルサイズやボタンひとつで除菌が行えるサーバークリーン機能を搭載した『フレシャス』や、同じくワンウェイ方式で混入した空気を除菌するエアクリーナーを搭載した『コスモウォーター』などのタイプがウォーターサーバーの人気ランキングで上位を占めています。

引用URL:安全・衛生面で選ぶ | ウォーターサーバー比較ランキング