読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルの水にも賞味期限?

長期保存できるイメージがあるペットボトルの水
WaterLifeの『ペットボトルの水にも賞味期限ってあるの? | WaterLife(ウォーターライフ)』 によると永久に、というわけではないようです。

 

そもそも賞味期限はどれくらい?

開封しなければいつまでも腐ることがない、といったイメージのあるペットボトルの水にも賞味期限はついています。
ペットボトルの水の賞味期限は1年から5年のものがほとんどで、特に2年前後が一般的であるようです。

消"費"期限ではないから大丈夫?

ペットボトルの水は加熱殺菌、濾過されているため、良い状態で保管された未開封のペットボトルでの保存であれば腐ることはありません。
そのため、賞味期限を超えたからと言ってすぐに飲めなくなるというわけではないようです。
しかし、賞味期限を大幅に過ぎたペットボトルは劣化している可能性があり、雑菌が繁殖している場合があるそうです。

ペットボトルの中の水に匂いがつくことがある?

ペットボトルの水を長期期間保存したときに、中の水に匂いがつくことがあるそうです。
特に匂いの強いもののそばにペットボトルを置いておくと、匂いがつきやすいため、たとえペットボトルであっても、匂いの強いもののそばを避けて保管する等、おいしく飲むために保管する際に気を付けたほうがよいようです。

ペットボトルの水の賞味期限確認の勧め

ペットボトルの水は長期保存ができるため、いちいち賞味期限を確認する、ということは少ないかもしれませんが、定期的に確認する習慣をつけ、できるだけ賞味期限内で消費するようにしたほうがいいようです。
また、保存状況にも気を使い、ペットボトルを劣化させないことも安心でおいしい水をのむためには大事なようです。