読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

水のペットボトルの賞味期限はどのくらいある?

何かと災害の多い日本ですが、いざとなったときに備えて、ペットボトルの水を備蓄している方も多いことでしょう。実際のところ、ペット ボトルの賞味期限はどの位なのでしょうか。

 

ペットボトルの賞味期限は1年から5年!

ペットボトルの水が腐る事はないだろうと思っている人は多いのではないでしょうか。でも実際に水のペットボトルを手に取ってみると、賞味期限がしっかり記載されています。いろいろな商品の賞味期限を確かめてみると、1年から5年までのものが多くあり、約2年間に設定されている
のが最もポピュラーと言えるようです。

ある程度賞味期限が過ぎても飲めることは可能!

実際のところ、ペットボトルの水はしっかり加熱処理やろ過がされているので、密閉して保管されているペットボトルであれば、基本的に水が
腐る事はないです。なのでもし、賞味期限を数ヶ月程度過ぎていても「もう飲めない」という事はほとんどありません。

生活用水として利用する方法もある!

ペットボトルの水は長期間保管をしていると、僅かながら匂いなどを通してしまう場合があります。水になにか匂いなどがついていると多少不安に感じる人もいる事でしょう。そんな時は沸騰させて料理や別の飲み物に入れて利用すれば匂いはあまり気にならなくなるかもしれません。
また飲む事に抵抗があるなら、洗濯やお風呂など生活用水として利用する事もひとつの活用法としてあります。

賞味期限を確認し、早めに消費する事が大切!

せっかく災害時用にまとめて買った水も腐る事はないだろうと思って安心して保存し続けておくと、とっくに賞味期限が過ぎてしまっているといったケースもあるのではないでしょうか。水が劣化して美味しく飲めないといった事はできれば避けたいものです。対策としてはなるべく
賞味期限を定期的に確認し、早めに消費する事を心掛けましょう。もし水を頻繁に飲めないのであれば別の飲み物や料理に利用する方法もあります。

water-life.info