読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーも上手に選びたい

ウォーターサーバーも菌が発生しやすいものがあります。
毎日清潔な水を飲むためにも、ミネラルウォーターの特性について理解しておきたいものです。

 きちんと選ばないと、ウォーターサーバーの中は菌だらけ

ウォーターサーバーは水のボトルの交換の時に、ボトル交換口から菌が侵入します。
ウォーターサーバーの機種によっては、その部分の構造がしっかりと菌対策されていたり、セルフクリーニング機能が付いていたりするものがありますので、菌の入らないものを選びたいですね。

water-life.info

菌が繁殖しやすいからこそ、定期的にクリーニグを

ウォーターサーバーには、ミネラルウォータを使用します。そのミネラルが雑菌の栄養となり、雑菌を繁殖させてしまうのです。
雑菌の楽園とまで言われているウォーターサーバーだからこそ、定期的にメンテナンスとクリーニングが欠かせません。

要注意!水自体にも賞味期限がある

ペットボトル式のミネラルウォーターでも賞味期限というものがあります。
多くの場合、2年程度に設定されています。
賞味期限は、水の中身の成分の問題よりも、ペットボトルの耐久性の問題から設定されています。ペットボトルに傷をつけてしまった場合は要注意です。

ペットボトルのミスは腐るのか?

ウォーターサーバーの水を考える上で、ミネラルウォーターでもの情報はとても役に立ちます。
ミネラルウォーターの水は賞味期限を過ぎると腐ってしまうのでしょうか。
もともと日本製のミネラルウォーターは殺菌処理が行われていて、微生物や雑菌は水の中には存在していません。どちらかというとペットボトルに傷などがつき、そこから雑菌が搬入する恐れを懸念しています。