読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

私達が生きるのに大切な水について。

私達が普段飲んでいる水。その生きることに欠かせない水をボタンを押したり、ベダルを踏むことによって簡単に飲むことができるウォータサーバーについて調べました。
この情報がみなさんの役に立てば幸いです。

ウォータサーバーの歴史を知ろう!

まず、始めにウォーターサーバーの歴史について紹介します。
ウォーターサーバーは今から100年以上前の20世紀初頭頃のアメリカで作られた「ウォータークーラー」が始まりだと言われています。そして、水道水の不安や健康志向の高まりから日本で急激な規模で広がりました。

意外と汚い!?ウォーターサーバーの危険性。

水のボトルを取り替えるだけで美味しい水が飲めるウォーターサーバーですが、その意外なところに落とし穴があります。
ボトルを交換する時に細菌が内部に侵入しやすいのです。なので、菌の繁殖しているサーバーを使い続けていると健康に良くない影響が出る可能性もあります。

日本は安全面がしっかりしている!

元々日本では、水道水の安全レベルはとても高いです。そして、水道水を安全に飲むことができる国は日本を含めても少数しかないのが現状なので、日本の水の安全性が高いことがうかがえます。
そして、water lifeの(実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ))によると安全面に対してはどんどん厳しくなっているので安心して良いでしょう。

自分で安全なウォーターサーバーを選ぶ。

近年ではとてもたくさんの種類のウォーターサーバーが増えてきました。しかし、適当に選ぶのではなく、空気が入りにくい構造や衛生的なものなど自分で安全なものを選ぶことが重要です。
次に、定期的に安全のチェックをしてるかも重要です。水源を取り巻く環境は変わっているのでここにも気をつけましょう。