読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

今一度見直したい!ウォーターサーバーの安全性について

ウォーターサーバーは菌の温床になりやすいなど、我々の健康を脅かす可能性があります。
もう一度、ウォーターサーバーの安全性について見直してみましょう。

 ウォーターサーバーは菌が繁殖しやすい環境

ウォーターサーバーの中で菌が繁殖しやすのには理由があります。
ウォーターサーバーで使用される水はミネラル分が豊富なのが一般的です。
このミネラル分が菌に栄養を与えてしまうのです。雑菌を殺すための塩素が含まれていないことも雑菌の増加に拍車をかかています。

ボトル交換時に菌が入るらしい!

ウォーターサーバーといえば、定期的に水を補給するためにボトルを交換します。
そのボトル交換時に、空気中から雑菌が混入しやすいのです。
雑菌が混入しにくい構造のものを選ぶか、セルフクリーニング機能が付いているものを選ぶのが良いです。

water-life.info

長期間水を交換しないと水が腐る?!

ミネラルウォータの場合でも、長期間放置しておくと水が腐ります。
その原因は、水の中に雑菌などの不純物が微妙に混入していることで。時間の経過とともに雑菌が増殖してしまうのです。雑菌が増殖しても、しばらくは無味無臭で気づかないことも多いので、要注意です。また、一度空気に触れた水も雑菌が混入していることが多いのです。

ボトル開封後は一刻も早く飲んだほうが良い!

ミネラルウォーターの場合も、ボトルを開封した後は、一刻も早く水は飲んでしまったほうが良いです。
一度開封すると、空気中から雑菌が混入する可能性が高いからです。
ウォーターサーバーのボトル交換時も、極力水が空気に触れないようにする工夫をしたほうが良いといえます。