読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーには雑菌が繁殖している可能性もあるって本当?

ウォーターサーバーはオフィスや病院の待合室だけでなく、一般のご家庭でも設置するのが珍しくなくなりました。
しかし、このウォーターサーバーには雑菌が潜んでいる可能性もあることを知っていましたか?

 ボトルの交換の時に雑菌が入りやすい

「実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性(実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ))」のサイトでも紹介されていますが、ボトルを交換する時に、外から運んできたボトルに雑菌がついている可能性があります。それをきれいに滅菌してから設置しなければ、雑菌がどんどん繁殖してしまいます。

また、ウォーターサーバー側に僅かな雑菌がついていることに気が付かないまま、新しいボトルに入れ替えてしまい、雑菌を繁殖させてしまうこともあります。

メンテナンスがきちんと行われていないウォーターサーバーは不安

ウォーターサーバーを取り扱っている企業がとても増えました。中にはウォーターサーバーのメンテナンス料金が無料の所もあります。
しかし、メンテナンスをきちんと行っていなければ、知らないうちに雑菌の宝庫になってしまっている可能性もあります。そのまま使うことで、大量の菌を体内に取り入れてしまっているかもしれません。メンテナンスがきちんと行われていないサーバーは不安です。

健康のために雑菌の繁殖には気をつけましょう

日本の水道水は安全性が高いです。その分、塩素の味や匂いが気になるし、塩素が身体に悪そうだからということで、ウォーターサーバーを設置したいという人も多いでしょう。
しかし、ミネラルウォーターにはこの塩素が入っていませんので、味はまろやかでおいしいです。しかし、サーバーが原因で、雑菌が繁殖しているミネラルウォーターを長く飲み続けていると、そのうち体調をくずしても不思議はありません。水の消費が遅い家庭では、ボトル交換の時期などには注意したほうが良いでしょう。

安全性も考えてウォーターサーバーを選びましょう

同サイトにもある通り、たくさんの種類があるからこそ、自分で安全性をよく確認する必要があります。費用だけで選んで、健康を害してしまってはどうにもなりません。
ウォーターサーバーの構造が雑菌が繁殖しにくくなっているかということもチェックするべきですし、水質検査を定期的に行っているかということもチェックするべきです。おいしくて安全な水を飲み続けていくためには、自分達でもしっかりとした目を持つことが大切です。