読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

なぜウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすい?どのような対策をすれば良いか!

雑菌が繁殖しやすいと言われているウォーターサーバー
その理由は何なのか、どうすれば対策できるのかご紹介します。

雑菌が繁殖しやすい原因は水にある?

ウォーターライフ(実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ))のサイトでも紹介されていますが、ウォーターサーバーで使われているミネラルウォーターは、殺菌成分が極力使われていないという事で、雑菌が繁殖しやすい傾向にあります。

水道水のようにカルキなどが使われる事が少ないので、ウォーターサーバーのメンテナンスや内部の掃除をしっかりとしないと、不衛生になってしまいます。

雑菌からウォーターサーバーを守るためにはどうすれば良い?

ウォーターサーバー内部に雑菌が繁殖しないようにするためには、ウォーターサーバーの構造にも注目する必要があります。
雑菌を死滅させるために、クリーニング機能がついた物もあるので、そういった物を選んでおくと衛生的にも安心です。

ボトルの構造にも注目すれば雑菌の繁殖を防げる?

ウォーターサーバーで使われるボトルには、いくつか種類がありそれぞれ特徴があります。
雑菌の事を気にするなら、ワンウェイタイプのボトルがおすすめです。ガロンタイプの物とは違い、ボトルが柔らかい素材で作られていて、水を使う度にボトルがへこんでいく構造になっています。ボトル内部を真空に保ちやすく、空気の侵入が防げるので雑菌の繁殖を最小限に抑える事ができます。

普段はどういう掃除をすれば衛生的に保てる?

ウォーターサーバーを衛生的に使う上で欠かせないのが日々の掃除です。
掃除する時にまず注目したいのが、ウォーターサーバーのどこに雑菌が繁殖しやすいかという事です。雑菌は少しの水分でも繁殖しやすいので、注入口や受け皿、ボトルの交換部分は特に気をつけて掃除するようにしましょう。水分が付きやすい部分なので、乾拭きでこまめに水分を拭き取る事が大切です。