読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルの水の賞味期限が切れた場合

気がついたら、備蓄していたペットボトルの水の賞味期限が切れていた。
そんなとき、どうすればいいのでしょうか?

 水の賞味期限、確認していますか?

ペットボトルにも賞味期限はあります。とは言っても、1年以上あることが多いので、ペットボトルの存在を忘れていなければ、この賞味期限が切れてしまうことはそれほどないでしょう。
ですが、災害時などのために備蓄している水のペットボトルに関しては別です。定期的に確認する癖がなければ、忘れてしまうことも多々あります。

賞味期限が切れたら飲めないの?

水の賞味期限が切れてしまったとき、捨てるしかないのかというとそうではありません。
基本的に、適切な状態で保管されていれば、いわゆる「水が腐る」という事態にはならないので、たとえ賞味期限が切れてしまっても飲むことは可能です。

どうして賞味期限が切れても飲めるの?

なぜ賞味期限が切れても飲めるのかというと、ペットボトルの水は加熱殺菌、濾過といった工程を経て密閉されるためです。そのため、何事もなければ内部で雑菌が発生してしまうということにはなりません。
ただし、絶対というわけではなく、ペットボトルについた傷から雑菌が入り込んでしまうこともあります。

賞味期限は気にしなくてもいいの?

ペットボトルの水は賞味期限が切れても飲むことが可能ですが、おいしいかどうかは別問題です。何より雑菌が繁殖していたなど、万が一の事態が怖いので、できる限り賞味期限が切れる前に消費しましょう。
さらに詳細が知りたい場合は、「Water Life」というサイトの「ペットボトルの水にも賞味期限ってあるの? | WaterLife(ウォーターライフ)」という記事を読むことをおすすめします。