読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

あなたの自宅のウォーターサーバーはキレイですか?

東日本大震災以降、いつでも良質な飲み水が手に入るウォーターサーバーは急速に普及しています。
今回の記事では、そのウォーターサーバーについて衛生面から考えます。

ウォーターサーバーを使用するメリット

私たちの生活に欠かすことのできない飲み水は、ペットボトルで購入するとかさばってしまい大変です。
ウォーターサーバーを使用した場合、水は自宅へ宅配してもらえる上に、必要な量だけ手に入ります。
安全な飲み水がいつでも手に入るため、大変便利です。
このように便利なウォーターサーバーですが、衛星面で不安もあります。

意外な盲点!サーバー内部での菌の繁殖

定期的にボトルを交換して使うため、ウォーターサーバーには衛生的なイメージを持つ方も多いと思われます。
しかし、ウォーターサーバーの内部で菌が繁殖してしまう危険性もあるのです。
理由の1つは、ボトルの交換です。この際に菌が入り込む恐れがあります。
サーバー内部の水はミネラルウォーターであるため、一度入ってしまった菌は繁殖しやすい状態です。
ウォーターサーバーは、定期的な点検やクリーニングが必要だと言えます。

日本の水、トップレベルの安全基準

日本の水質基準は、大変厳しく設定されています。
水道水でも安全に飲めるレベルで設定されており、ミネラルウォーターの基準は更に厳しく定められています。
具体例を挙げると、水銀の含有量基準は水1mlに対して0.0005mg以下、銅の含有量基準は水1mlに対して1mg以下です。
このような厳しい基準により、日本の水の安全性は世界でも有数であると考えられます。

安全にウォーターサーバーを使うには

安全にウォーターサーバーを使用するためには、ウォーターサーバーを正しく選び、衛生的な使い方をする事が大切です。
ボトルを交換する際に空気の入りにくい物を選ぶと、雑菌が入り込んでしまう事を避けられます。また、クリーニング機能のついたサーバーを使うと、サーバー内部を衛生的に保つ事が出来ます。
安全なウォーターサーバーの使い方を知り、定期的に水質を確認することで、衛生的に使えるのです。
メリットの多いウォーターサーバーで、キレイな水のある生活は身近なものとなります。

water-life.info