読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルに賞味期限が定められている理由

水は無機物であるため、本来であれば長期間保存しても腐敗しません。
しかしペットボトルの水には賞味期限が設定されています。なぜペットボトルの水に賞味期限があるのかを解説します。

ペットボトルの一般的な賞味期限

ミネラルウォーターなど水の入ったペットボトルには賞味期限があります。
例えば550ミリリットルであれば約1年間、また1.5リットルから2リットルサイズのペットボトルであると、2年の賞味期限のものが多いです。

引用サイト:ミネラルウォーターにも賞味期限がある? | ウォーターサーバーのアルピナウォーター

実は空気や光を通しているペットボトル

ペットボトルに使われている素材は、空気を通す性質を持ちます。
たとえペットボトル開封していない状態であっても、中に封入されている水が透過した空気に触れて劣化する恐れがあります。さらに光も通すことも劣化の原因の一つです。

引用サイト:【雑学】ペットボトル!賞味期限が短いのは何故? - ライブドアニュース

保存状態が悪いとペットボトルの水に匂いがついてしまうことも

ペットボトルの水は完全に密封されているように見えても、匂いの成分を通してしまい匂い移りが生じてしまいます。
特に強い匂いがするものをペットボトルの周辺に放置していると、その匂いがペットボトル内の水に移ってしまい風味が変わってしまいます。保管時には、周囲に匂いのするものがないかどうか確認が必要です。

引用サイト:ペットボトルの水にも賞味期限ってあるの? | WaterLife(ウォーターライフ)

賞味期限内のペットボトル保管に適した場所

未開封のペットボトルであれば、常温での保存が可能です。
ただし、直射日光の当たる場所や高温になりやすい場所は、ペットボトルの保管の際にできるだけ避ける必要があります。また匂いが強いものが周囲にある場所にも注意します。もしペットボトルを開封した場合には、雑菌の混入の可能性を考え冷蔵庫への保管が必要です。

引用サイト:ミネラルウォーターはどのような場所で保管したらよいですか? お客様センター サントリー