読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーは慎重に選びましょう

ウォーターサーバーからは常に美味しい水を飲むことができ、しかも安全で安心だと思われています。
しかしそれは一方的な思い込みであり、選択には気を付けなければなりません。

ウォーターサーバーを使うときの注意点

ウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすく、こまめにメンテナンスを行わないと汚れが溜まり易い構造になっています。したがって不衛生にならないように、小まめに気を配る必要があります。
しかもウォーターサーバーで使われている水は、殺菌を極力行なわないことで「美味しさ」を確保しています。身体に問題がない雑菌が残留する傾向があります。

引用サイト:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

ウォーターサーバーの水は安全か?

ウオーターサーバー用に配達される水の中には、雑菌が繁殖していて、水道水に要求されるような「安全」や「クリーン」の基準を満たさないものもしばしばあります。
ただし、サーバーの中の細菌は、一般に身体に有害な性質のものではなく、健康に有害という心配はありません。しかし常に、ウォーターサーバーは適切な管理を必要としている、ということを意味しているだけです。

定期的なメンテナンスを忘れないで!

ただし「クリーンな水」というのは、衛生学的に「クリーン」ということで、それが「美味しい」とは限りません。塩素消毒などの化学処理がされていない自然の美味しい水には、身体に影響のない雑菌が混入している可能性が、常に残っています。
それよりウォーターサーバーの中で危険な雑菌が増えてしまわないように、定期的な掃除が必要であるということを、忘れないようにしましょう。一番汚れ易いのは注ぎ口なので、ここが汚れたら、必ず除菌アルコールを使って拭くようにして下さい。

引用サイト:安全なはずのウォーターサーバーに潜むワナ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

良いウォーターサーバーを選ぶ基準

安全で美味しいという両方の条件を満たす水を提供してくれるウォーターサーバーの基準は何でしょうか?選択のポイントは次の通りです。
まず、水源に対して定期的な水質検査を行っているベンダーのウォーターサーバーを、選ばなければなりません。
ウォーターサーバーの構造が外部から空気が混入しにくいものであることも大切です。その方が雑菌が繁殖しにくいからです。また適切なメンテナンスのためにも、ウォーターサーバー内部を殺菌したりクリーニングできる機能がついているものを、選ぶ必要があります。

引用サイト:本当に安全性の高いウォーターサーバーを選ぶ3つのポイント | ウォーターサーバーKING