読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーは便利で良さそうなのですが雑菌が気になります

最近よく見かけるウォーターサーバー。お湯が出るタイプもあるし、便利そうです。
でも常温管理の水だし、雑菌の繁殖は大丈夫か、メンテナンスは自分でできるのか等、いざ設置を考えると気になってしまいます。

雑菌の入り込み易さはボトル交換の構造にあり

水に雑菌が入り込むのは、ボトル交換の時です。空気中に漂う雑菌が入り込み、それが繁殖の元になってしまうのです。つまり、空気が入りにくい構造のウォーターサーバーは雑菌が入り込みにくく、より衛生的で安全だということです。
クリーニング機能がついているサーバーなら、更に安心です。ウォーターサーバーの内部を自分で掃除するのは難しいし、面倒くさいので、やはりクリーニング機能は外せないかもしれません。

ウォーターサーバーに使われている水はどの程度殺菌処理されているのでしょうか

ウォーターサーバーに使用されるミネラルウォーターは、美味しさなどを重視する傾向にあるため、殺菌処理は水道水に比べてあまりされていません。
つまり、水自体は水道水よりも雑菌が繁殖しやすい状態なので、サーバー内部の掃除やメンテナンスをまめに行わない状態だと、不衛生なのです。

年々厳しくなる日本のミネラルウォーターの安全基準

日本は水質に関しての基準が厳しく、水道水に関しては世界でもトップレベルで、水道水を安全に飲める数少ない国です。普段買っているミネラルウォーターも、年々基準が厳しくなり、より安全性が高まっていると言えます。
先ほどは雑菌が繁殖しやすいと書きましたが、ウォーターサーバーで使用されるミネラルウォーターの質も向上していて、美味しさに加え、独自の雑菌除去フィルターや定期的なメンテナンスサービスなどで安全性も高まっているのです。

自分のためのウォーターサーバーだからきちんと選ぼう

重い水を家まで運んでもらえて、いつでも美味しくて安全な水が飲めるウォーターサーバーは、やはり欲しいアイテムの1つです。
今は独自のサービスや機能を備えたウォーターサーバーが数多く出回っていて、私たちは自分に合ったものを選ぶことができます。水の安全性重視で選ぶもよし、面倒なことが嫌いな方はボトル交換が簡単なものを選んでもよし、じっくり比較して選ぶことです。また、毎日飲むお水が美味しいと思えることも大事ですね。雑菌が少ないお水と思うと更に美味しく感じるかもしれません。

water-life.info