読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

衛生面と健康を考えたウォーターサーバー

飲み水をウォーターサーバーに頼る人も多くいます。
便利なだけではなく衛生面にも気を配る必要があります。

衛生面から考えるウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、おいしい飲み水として人気があります。
しかしウォーターサーバーは、その仕組みや構造から考えて衛生面で水道水よりも問題があることもあります。そのため、年々安全基準が厳しくなり、衛生面も充実してきています。

引用サイト:安全なはずのウォーターサーバーに潜むワナ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ウォーターサーバーの衛生面の問題

ウォーターサーバーは、水のボトルを取り換えることから、その構造的な面で雑菌が入りやすくなりがちです。
また、ウォーターサーバーに使われる水は、ミネラルウォーターなどおいしさを求めているので、水道水と異なりカルキなどでの殺菌をしないので雑菌が繁殖しやすくなります。

引用サイト:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

ウォーターサーバーの水の安全性

ウォーターサーバーの水は衛生面よりもおいしさを追求しているので、安全性に問題があることがありました。
しかし、現在では、その安全基準が厳しくなり衛生面での基準も高くなっています。安全な水を選ぶためには、水質検査を定期的に行うことにし、結果を公表する業者のウォーターサーバーを選ぶことが良いとされています。

引用サイト:ウォーターサーバーの宅配水を比較!天然水かRO水か?

構造上のウォーターサーバーの安全

ボトルの交換などでウォーターサーバーに雑菌が入ってしまうこともありますが、近年改良されてきています。
水の交換の際に雑菌が入りにくいように、真空パックのサーバーや殺菌・洗浄機能のあるサーバーを選ぶことが良いとされています。また、定期的にウォーターサーバーを検査し、分解洗浄してくれる業者のものを選ぶこともよいとされています。

引用サイト:【危険】雑菌が繁殖する不衛生なウォーターサーバーとは? | ウォーターサーバーKING