読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

水の安全性で選ぶウォーターサーバー

飲み水にはおいしいものを選び、ウォーターサーバーを選ぶ人も多くいます。
おいしいだけでなく安全性も重要な視点のひとつです。

ウォーターサーバーの水の衛生面

ウォーターサーバーは、おいしい水をいつでも飲める便利なものです。
しかし、その水はカルキの殺菌処理をしないので、水道水より雑菌が繁殖しやすくなっています。多くは身体に害のない雑菌ですが、場合により危険な細菌が混入することもあります。
水道水より汚い、ウォーターサーバーは意外に要注意かも

安全に処理されているウォーターサーバーの水

ウォーターサーバーの水が水道水よりも菌が繁殖しやすい状態にあるといっても、何も処理していないわけではありません。
水は主にふたつにわけられひとつは、ミネラル豊富でおいしさを追求した天然水で、もうひとつが逆浸透膜水です。これは、逆浸透膜で濾過し、より安全性を追求した水です。

引用サイト:ウォーターサーバー・宅配水比較 - 口コミ人気ランキング2016

どうしてウォーターサーバーには雑菌が入りやすいのか

ウォーターサーバーの水は、おいしさを求めた結果、雑菌が繁殖しやすくなりますが、原因はウォーターサーバーの構造にもあります。
ウォーターサーバーでは、水のボトルを定期的に交換するため、その交換時に空気中の雑菌が入りやすくなっていしまいます。これを回避するためには、交換時に空気が入りにくい真空パックのタイプを選ぶ必要などがあります。

引用サイト:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

安全なウォーターサーバーの選びかた

雑菌が混入しやすく繁殖しやすいウォーターサーバーですが、おいしさのために諦める必要はありません。
安全なウォーターサーバーを選ぶ基準は多くあります。ひとつは、水質検査を定期的に行っていることです。また、ウォーターサーバーに自動洗浄機能がついていることや定期的にウォーターサーバーを点検、洗浄をしてくれる業者を選ぶことなどです。

引用サイト:【危険】雑菌が繁殖する不衛生なウォーターサーバーとは? | ウォーターサーバーKING