読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーを使うなら雑菌にも気を配ろう!

ウォーターサーバーを使うなら衛生的に気をつけたい所です。
特に雑菌には注意が必要で、どうすれば雑菌を繁殖させずに使えるのか知っておきましょう。

ウォーターサーバーはなぜ雑菌が繁殖しやすいのか

ウォーターサーバーがなぜ雑菌が繁殖しやすいかというと、使われるミネラルウォーターと水道水との違いにあります。
水道水は雑菌を防ぐために、カルキなどの殺菌成分が多く使われています。しかしウォーターサーバーで使われるミネラルウォーターには、この殺菌成分があまり入っていません。味を重視しているためなのですが、その分注意しないと雑菌も繁殖しやすくなります。

引用サイト:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

ウォーターサーバーの注ぎ口からは雑菌が侵入しやすい

ウォーターサーバー内に雑菌を繁殖させないためには、どこから侵入しやすいのかを知っておく必要があります。
一番注意が必要なのが注ぎ口です。注水口は水分が付きやすいのですが、ちょっとした水分でも雑菌は繁殖してしまいます。そのため、使ったら注水口をしっかり拭く、そういう習慣を身に付ける事も大切です。

引用サイト:安全なはずのウォーターサーバーに潜むワナ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

メーカーでの定期メンテナンスは大切!

ウォーターサーバーを綺麗に使うなら、自分でこまめに掃除する事も大切ですが、やはりメーカーの定期メンテナンスは欠かせません。
しかしこの定期メンテナンスですが、メーカーによって頻度が変わってきます。中には2年に1度しかメンテナンスをしないというメーカーもあるので、ウォーターサーバーを選ぶ時はなるべくメンテナンス頻度の高いメーカーを選んでおくと安心です。

引用サイト:ウォーターサーバーの衛生面 | 赤ちゃんのためにママが選んだウォーターサーバー

ワンウェイタイプのボトルの方が雑菌は繁殖しにくい!

ウォーターサーバーで使われるボトルは、ガロンタイプやワンウェイタイプなど色々なタイプがあります。
雑菌が繁殖しにくいという事で人気が高くなっているのが、ワンウェイタイプのボトルです。ガロンタイプとは違い柔らかい素材が使用されていて、水の容量が減ると圧力でへこみます。これによって水を使った時、空気が入ってしまうのを防げます。空気が入ると雑菌も繁殖しやすくなるので、ワンウェイタイプの物を選んだほうがサーバーも衛生的に保ちやすくなります。

引用サイト:ウォーターサーバーの衛生面は2種類の細菌対策で万全! | ウォーターサーバーのアルピナウォーター