読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバー内への雑菌侵入を防げ!雑菌侵入を防ぐシステムとサービスの仕組みとは?

ウォーターサーバーには雑菌侵入を防ぐ仕組みが二通りの方法で整えられています。一つは装置内防止システムとして、もう一つはメンテナンスサービスです。
ここではそれらの仕組みについて簡潔にご説明します。

そもそもなぜウォーターサーバーで雑菌が繁殖してしまうのか!?

ウォーターサーバーの雑菌繁殖の原因に関しては、WaterLifeの「実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)」を読めば分かるように、ボトル交換時の雑菌侵入や、ウォーターサーバーでよく使われるミネラルウォーターには味を損なう塩素などの殺菌成分は基本的に使われないことの他、元々、掃除やメンテナンスを怠ると雑菌が繁殖しやすい構造になっているなど、複数の要因によって起こっています。

空気が侵入しやすいガロンタイプでも大丈夫!特殊なフィルターで除去

ボトルを使い捨てにせず、毎回、ボトルごと交換するガロンタイプには、特殊なフィルターが搭載されています。
その為、ボトル交換時に空気が侵入しても特殊なフィルターを通すことで、雑菌が洗い流され、無菌の空気だけを取り込めるようになっています。

使い捨てタイプで便利!真空ボトルで空気や雑菌の侵入を防ぐ

ボトルを使い捨てにするワンウェイタイプには、真空ボトルが搭載されています。その為、水の使用によるボトル内の水量減少に合わせてボトル内圧力が強まる仕組みとなっており、そのまま自動的に真空状態を作り出すことで、空気と雑菌の侵入を防いでいます。
また、真空ボトルは潰れた状態でコンパクトになるので場所取りや処分でも困りません。

安心アフターフォロー!一年ごとのメンテナンスで消毒洗浄

ウォーターサーバーには装置内防止システムだけでなく、アフターフォローとしてメンテナンスサービスも提供されています。具体的には、業者による一年ごとの部品もしくは装置内部の洗浄や二年ごとの機器交換などのメンテナンスサービスを行っています。
また、最新型にはセルフクリーン機能が搭載されており、業者による内部洗浄や機器交換を必要としないタイプも存在します。