読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーを健康的に利用する秘訣

ウォーターサーバーを健康的に利用するためには、ある注意点が必要です。
今回は、ウォーターサーバーを健康的に利用するための方法に関して、紹介します。

ウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすい?

実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)」で紹介されているように、ボトル交換の際に、サーバー内に雑菌が侵入し、繁殖しやすいという構造上の欠点が、ウォーターサーバーにはあります。

ウォーターサーバーには一般的に天然水が使われていますが、天然水は塩素処理をしていません。そのため、殺菌成分が含まれておらず、ミネラル成分がそのまま雑菌の栄養分となり、雑菌が繁殖しすい環境となるわけです。

雑菌対策を放置するとどうなる?

ミネラルウォーターの小型ペットボトルが、開封後は、冷蔵庫で保存した状態でも、数日程度の賞味期限と言われているように、一度雑菌が侵入すると、繁殖して健康を害すようになるまでには、あまり時間がかかりません。
雑菌が繁殖した水を飲んだ場合、食中毒になったり、体調を崩す危険性があります。
健康目的のはずのウォーターサーバーが、かえって逆の効果となってしまわないために、しっかりとした雑菌対策が必要です。

雑菌対策…クリーン機能と定期メンテナンス

ウォーターサーバーの雑菌対策としてメーカー側が導入しているものに、クリーン機能があります。
温水を循環させて滅菌処理をするタイプもあれば、除菌ランプを使って滅菌処理をするタイプもあり、メーカー毎に様々なシステムを導入しています。
ウォーターサーバーを利用する際に、チェックすべき機能の1つです。
また、雑菌対策として、定期メンテナンスを実施しているメーカーもあります。
こちらのサービスも、衛生的にウォーターサーバーを利用したい場合、チェックすべきポイントと言えます。

自分で出来る雑菌対策には何がある?

利用者自ら出来るウォーターサーバーの雑菌対策もあります。
それは、ウォーターサーバーの定期的な清掃です。
特に蛇口周辺は、人の手やコップに触れる機会が多いため、雑菌が繁殖しやすい部分です。アルコール消毒をし、ふきんで汚れや水気を拭き取るといった、定期的な清掃をすることで、衛生的にウォーターサーバーを利用することが可能となります。