読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルのミネラルウォーターの保存には注意!

ペットボトルのミネラルウォーターはコンビニや自動販売機でも気軽に購入できます。
防災用に飲み水を保存しておく必要があることも浸透してきて、ペットボトルの水は保存用としても選ばれています。

 ペットボトルのミネラルウォーターにも賞味期限はあります!

保存用として選ばれることも多いペットボトルの水ですが、腐ってしまうとしたら長くは置いておけないですよね。
飲み水についての情報が豊富なサイトのWaterLife(ペットボトルの水にも賞味期限ってあるの? | WaterLife(ウォーターライフ))ではペットボトルの賞味期限についても書いてありました。 

賞味期限は一般的に1年から5年程度と長く、また、ペットボトルの水は適切に保管すれば基本的には腐らないのだそうです。

ペットボトルの水がおいしく飲めなくなる可能性もあります!

基本的には腐ることのないペットボトルの水ですが、保管方法を失敗すればせっかくの水がおいしくなくなることはあります。
WaterLifeではペットボトルを匂いの強い物の近くに置くことで匂いが移ってしまう可能性を指摘しています。また、ペットボトルが劣化して雑菌が繁殖する危険もあるようです。

ペットボトルの水を保管する時の注意点!

保管方法を失敗すれば、せっかくの水がおいしく飲めなくなることがあります。
そうならないためには匂いの強い物の近くに置かないことも必要です。例えば洗剤などに注意が必要です。
また、メーカーが指定している保管方法を守ることは大事です。雑菌が繁殖してしまえば、飲み水にとって何よりも大切な安全性が損なわれることになります。

ペットボトルの水にはメリットがたくさんあります!

注意することはありますが、1年から5年程度の賞味期限があるペットボトルの水は長期保存に向いています。
こだわりのミネラルウォーターならばそのまま飲んでも良いですし、料理やコーヒーなどを入れるのに使用してもおいしく楽しめます。
普段の生活に使う水としても、非常時の水としても、ペットボトルの水を使ってみてはいかがでしょうか。