読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーの安全性を考えよう

おいしく安全なお水を飲むために、注意しておきたいこと。
それはサーバー自体の安全性です。

 

雑菌対策、ちゃんとしていますか?

ウォーターサーバーは、いつでもおいしくお水を飲めてとても便利です。しかし、24時間365日、ずっと水に使っているウォーターサーバーは、果たして清潔なのでしょうか?
健康のためも、サーバーの安全性を確認しましょう。

ボトルの交換時に雑菌が侵入!?

ウォーターライフ(実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ))のサイトでも紹介されていますが、雑菌がサーバー内部に侵入するタイミングは、ボトル交換時です。

そのほかにもサーバーのメンテナンスや清掃、交換を行わないと、菌が繁殖している恐れがあります。

ミネラルウォーターは特に注意が必要

日本の水道水の安全基準は非常に高く、水自体を殺菌して安全性を高め、安心して飲むことができるようにしてあります。しかし、いわゆる自然のナチュラルウォーターややミネラルウォーターの場合は、味や風味を守るために殺菌成分を極力使わないようにしています。
そのために水道水よりも雑菌が繁殖しやすいといえます。

サーバーと水、両方の安全性を確かめて選ぼう

もともと水の安全基準の高い日本ですから、ウォーターサーバの構造や水のボトルの構造、あるいは水自体について年々厳しいチェックを受けるようになってきています。
安全性を示す情報を公開したり、空気が入りにくい構造を採用したり、おいしいだけでなく安全性に配慮したウォーターサーバーを選びましょう。