読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

意外な落とし穴!?ウォーターサーバーに潜むモノ!!

健康のために自宅にウォーターサーバーを置くご家庭やオフィスが増えてきています。
ただ、キチンとお手入れしないと雑菌などが繁殖し、かえって逆効果になってしまうのです。

 

安心!安全!!でも、それは本当??

自宅やオフィスで簡単にミネラルウォーターを飲むことができるウォーターサーバー。手間もタンクを取り換えるだけで済み、いつでも安全安心なものを飲むことが出来ると思っている人も多いはず。
でも、タンクを取り換えるときに雑菌がウォーターサーバー内部に侵入しやすい事はご存知でしたでしょうか?

新鮮だからこそ注意が必要になる。

ウォーターサーバーに使われているミネラルウォーターは確かに新鮮です。それは極力、殺菌成分が使われていないからこそなのですが、それが逆に雑菌を繁殖する手助けにもなっているのです。
さらに、内部の清掃やメンテナンスを怠っていると、不衛生にもなってしまうのです。

厳しい基準を設けているからこそ、自分でも確かめてみる事。

日本のミネラルウォーターとしての安全基準は、世界でもトップクラスです。ここ数年のうちに、様々な種類のものが発売され、それらにも同様の基準を設けております。年々基準もより厳しくなってきております。自分の身体に入るものですからね。
だからこそ、自分の目で、耳で情報を集め精査する必要があります。

自分で情報を集めたからこそ、安全なものを選ぶことができる。

必要な分を必要な時に届けてくれる。それによって置き場所を気にする必要が無いなど、様々なメリットがあるウォーターサーバー。すでに使っている方、これから使ってみようかと考えている方も多いはずです。先ほど挙げた、安全なものを選ぶ基準の一つとして、サーバー内部の構造があげられます。ポイントは、空気が入りずらい構造をしているかどうかです。密閉性が高ければ高いほど、空気中の菌が入り込むことを防いでくれるからです。
出典:ウォーターライフ

water-life.info