読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

雑菌注意?ウォーターサーバーを安全に利用する方法

天然水を安価で使用出来ることは、ウォーターサーバーの魅力と言えます。
しかし、何事にも落とし穴はあります。
今回は、ウォーターサーバー利用前に、覚えておきたい基礎知識を紹介します。

 

日本人のミネラル不足に効果的?ウォーターサーバーの魅力

 ウォーターサーバー利用の利点に、ミネラル不足解消が挙げられます。
海外の土と比較すると、日本の土は、ミネラルの量が足りない特徴があります。
このため、日本の野菜などは海外の野菜よりミネラル成分が少なく、それを食している日本人も、ミネラル不足になりがちな傾向があります。
ウォーターサーバーはミネラル成分が豊富な天然水を用いているため、日本人のミネラル不足解消に効果的です。

ウォーターサーバーの欠点!ミネラル成分を餌に雑菌繁殖?

天然水の豊富なミネラル成分が、仇になるケースもあります。
「雑菌に要注意!雑菌が繁殖しやすいウォーターサーバーとは実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)」に紹介されているように、ウォーターサーバーには、ボトル交換時、サーバー内に雑菌が侵入してしまうという欠点が指摘されています。

水道水と違い殺菌成分が使われていない天然水は、より健康に良いと言える一方で、ミネラル成分を餌に雑菌も繁殖してしまう弱点があります。

雑菌対策機能はウォーターサーバーに搭載済み

メーカー側も、ウォーターサーバーに雑菌対策が必要なことは熟知しているため、現在では各メーカーとも、クリーン機能の開発が進んでいます。
より自然に近い状態の天然水を利用者に提供するため、除菌ランプを用いたクリーン機能を搭載しているメーカーもあります。
とはいえ、クリーン機能はあくまでサーバー内部の滅菌システムなため、それに頼っていれば安全というわけでもありません。
サーバー外部の除菌に関しては、利用者が注意しなければならないことです。

ウォーターサーバー外部の除菌方法

ウォーターサーバーの給水口など、気をつけていないと、あっという間に雑菌が繁殖してしまう部位もあり、ウォーターサーバー外部の雑菌対策も、重要なポイントとなります。
こちらの対策としては、給水口などに抗菌素材を使っているメーカーもあるため、ウォーターサーバー選びの際に、意識してそのようなメーカーを選ぶことで解決出来る問題です。
また、給水口などを定期的にアルコール消毒することで、雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。