読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

なぜペットボトルの水に賞味期限があるのか?

ペットボトルの水には賞味期限があります。
腐らないと思っているペットボトルの水に、なぜ賞味期限があるのでしょうか?

 

そもそも賞味期限とは?なぜ水にもあるのか?

賞味期限とは、劣化が比較的遅い食料品を定められた保存方法で保存した場合に安全性や味などを保証する期限で、美味しく食べられる期間ということになります。
各製造業者では、ペットボトルの水は賞味期限に余裕を持たせて設定していることが多いため、ペットボトルの水の賞味期限は2年から5年程度になってます。

「水が腐る」とはどのような状態なのか?

水は化学的な構造からは腐ることはありません。「水が腐る」というのは、水の中の不純物を微生物や細菌が分解して、人間にとって有害なものに変化させてしまうことです。
水の中の不純物が少なければ腐りにくくなるため、多くのペットボトルの水は殺菌処理されています。メーカーによって処理方法が異なりますので購入する際は確認してみましょう。

ペットボトルの水は賞味期限がすぎても飲めるのか?

ペットボトルの容器は、わずかですが空気を通す性質があります。
そのため長期間保存していると、周りにの物の臭いが移ってしまう場合があります。そのため安全性には問題がなくても飲料としては、風味を損なって味が劣化しています。
また、適切な保存方法でない場合はペットボトルの容器事態が劣化したり傷がついてしまい雑菌が侵入する現認になることが考えられます。

ペットボトルの水を保管する時に気をつけること

災害用の対策としてペットボトルの水を長期間保存する場合は、定められた方法で適切に保存し、定期的に賞味期限を確認するということが必要になります。万が一、賞味期限が過ぎてしまっていたら飲料には使用せず、洗濯などに利用するようにしましょう。
出典: WaterLife(ウォーターライフ)

 

water-life.info