読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーに潜む危険とは

手軽に新鮮で美味しい水が飲めるウォーターサーバーは、ペットボトルの水を購入するよりも経済的で魅力的ですよね。

でも、ウォーターサーバーには危険が潜んでいたのです。その危険とはいったい何でしょうか?

 

ウォーターサーバーには雑菌が繁殖する?

清潔で美味しい水が出てくるはずと誰もが認識しているであろうウォーターサーバーですが、ウォーターライフ(実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ))のサイトによると、実は雑菌が繁殖しているかもしれないということなのです。

ウォーターサーバーは、ボトルを交換するだけの構造ですが、その交換の際に雑菌が内部に侵入している可能性があるらしいのです。確かに、内部の掃除はできませんから中で雑菌が繁殖していると考えると恐ろしいですよね。

ウォーターサーバーの水には種類がある

ウォーターサーバーの水には天然水、濾過水など種類があります。天然水は非加熱のものがほとんどで、殺菌成分などは含まれていません。

天然の水である分、雑菌などが入り込んでしまった場合に、雑菌が繁殖しやすい環境であるとも言えるのです。

ウォーターサーバーは何を基準に選べばいい?

ウォーターサーバーを選ぶときは、価格、水の種類、サービスなどの基準ももちろん大事ですが、雑菌の繁殖ということを考えると、メンテナンスも非常に重要な基準のひとつとなってきます。

ウォーターサーバーを選ぶときは、メンテナンスがしっかりしているかということも選ぶ基準のひとつに加えてみましょう。

安心できるウォーターサーバー選びを

雑菌に侵されていない安心で安全な水ということを考えると、定期的なメンテナンスで内部のクリーニングをしっかり行ってくれるかどうかということと、ウォーターサーバー自体にクリーニング機能が付いているかどうかということも確認したいポイントです。

価格とサービスの良さだけで飛びつくのではなく、生の水を口にするわけですから、安心・安全の担保としてクリーニング機能の有無も確かめてみるようにしませんか?