読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルの水の賞味期限はどのくらいなのでしょうか

ペットボトルの水は、未開封の状態でどのくらいまでおいしく飲めるのでしょうか。
水のことや、容器のことから考えてみます。

 ペットボトルの水は賞味期限を過ぎると飲めないのでしょうか

ペットボトルには賞味期限が記されています。
ということは、ペットボトルの水は賞味期限を過ぎると飲み水として適さなくなってしまうのでしょうか。
いいえ、賞味期限を多少過ぎても、水は完全に密閉された状態だとほぼ腐ることはないので、飲むことができます。

水が腐らないのになぜ賞味期限があるのでしょうか

ペットボトルの水に賞味期限があるのは、容器の劣化による水の変化が起こる可能性があるからです。
容器に傷がついたりすると、そこから空気が入って中の水が傷み始めます。
つまり、容器が劣化することが、中に入っている水を変化させる原因だということなのです。

他からの影響を受けやすいペットボトル

水2リットル入りのペットボトルの賞味期限は、だいたい2年くらいです。
これに対して、500ccのペットボトルの賞味期限は1年くらいのものがほとんどです。これは、小さいペットボトルの方が他からの影響を受けやすいからです。
たとえば、ペットボトルの近くに洗剤などを置いておくと、その匂いが水に移ってしまいやすいのです。
このように匂いの他、熱による容器の劣化もあります。

ペットボトルの水の賞味期限は一つの目安と考えましょう

ペットボトルの水は、年月が経つと共に他からの影響を受けて容器が変化し、そこから水も変化してしまうこともあります。
だから、できるだけ早く良い状態のうちに飲むことが望ましいですし、またそういう時なら水のおいしさも充分に味わうこともできるのです。
賞味期限を一つの目安と考えて、よい状態のうちに味わい、再び新しいものを購入するサイクルをつくることが大切です。

water-life.info