読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルの賞味期限は存在するのか

いざという自体に備えてペットボトルの水を用意している方も多いです。
食べ物にも賞味期限がありますが、ペットボトルの水にもあるのでしょうか?

 蓋をあけていないペットボトルの賞味期限は?

ペットボトルの水は、基本的には腐ることがありません。ペットボトルの水はきちんと殺菌や加熱などの処理がされており、密閉された状態になるので、賞味期限というものはありません。
しかし、ラベルには賞味期限が表示されています。期間は、一般的に1年から長くても5年となっています。なぜなら、ペットボトル自体の劣化があるからです。

ペットボトルのにおいが水についてしまう!?

長期間、ペットボトルの水を保管していると、ペットボトル自体が周辺の空気やニオイを微量に通してしまうことがあります。
近くに洗剤や香辛料などニオイの強いものをおいておくと、そのニオイがペットボトルを通じて水についてしまう可能性があります。

定期的な確認が大切!賞味期限を把握しておこう。

備蓄用品は、長期間使うことがないのでついつい賞味期限などを忘れがちになります。いざ使うときに、大丈夫だろうかと不安になりながら口にするのは精神衛生上よくありません。
したがって、1年に1回はペットボトルの水を含めた備蓄の賞味期限をチェックし、期限の近いものがあったら早めに消費をして、備蓄の入れ替えをしましょう。

ペットボトルの水の正しい保存方法

WaterLife(ペットボトルの水にも賞味期限ってあるの? | WaterLife(ウォーターライフ))にもあるように、ペットボトルの特徴を正しく知り、備蓄用品をきちんとそろえることが大切です。 

もし、ペットボトルの劣化によって水にニオイが付いてしまった場合には、お風呂や植木に使ったりと、飲料以外に用いることもできます。