読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

あなたはどんな水をのんでいますか?日本の水事情

水資源が豊かな日本では、蛇口をひねると簡単に手に入ります。
しかし、昨今では水道水ではなくウォーターサーバーから飲料水を手に入れる方も多くなってきています。

 ウォーターサーバーの水ってどんな水?

ウォーターサーバーの水はミネラルウォーターやボトルウォーターが基本で、水道水に比べるとカルキ臭くないことが大きな違いです。これは水質の違いによるもので、WaterLifeのサイトで細かく紹介されていますが、水道水は水道管などを通って各家庭にやってくるので、不純物も多く、水中の雑菌を殺すために塩素を使われているので、ミネラルウォーターを使っているウォーターサーバーの方が体に良いと言えます。

ウォーターサーバーの水は安全?

ウォーターサーバーはボトルを交換する時に菌がサーバー内に侵入しやすいものもあります。また、ウォーターサーバーで使うミネラルウォーターは殺菌成分を極力使っていないなとから、水道水よりも菌が繁殖しやすいのでウォーターサーバーの手入れをする事は必須事項です。

ミネラルウォーターとはどんな水をいうのか?

水には規格基準があり、私たちが使う水はこれによって安全性が保たれています。ミネラルウォーターとはその製造過程で難しい加工や処理がされておらず、除菌や殺菌以外の処理はほとんどされていません。また、成分については混濁や沈殿物がないこと、すずの含有量や大腸菌に関する制限などが細かく定められています。

日本の水はほとんどが軟水なのです。

軟水とは水に含まれるミネラルの量が少ない水を指します。
日本は急流が多いため、水がゆっくりとミネラルを吸収できないのです。また、日本は火山島なので地層自体にミネラルをあまり含んでいないというのが、日本の水のほとんどが軟水である理由です。軟水はお米を炊いたり、出汁をとったりするのにむいており、日本人の体にあった水だといえるのです。
出典:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)