読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーを安全に使うために

ウォーターサーバーを選ぶ基準は人それぞれです。でも注意することはひとつだけ、それは安全ということです。安全にウォーターサーバー生活を、楽しむための方法をまとめています。

ウォーターサーバーの構造に注目!

ウォーターサーバーを安心して利用するために、気おつけたいことは水に雑菌が繁殖してしますことです。清潔に保つために気おつけていてもウォーターサーバーの構造によって雑菌の繁殖することろが違うので、選ぶときの注意点にしてください。(ウォーターライフ)

引用URL:

実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

赤ちゃんに飲ませる水はどう選んだらいい?

赤ちゃんに水を飲ませ時期は、離乳食を始めるときからでだいたい生後5,6か月を過ぎた頃からになります。ウォーターサーバーの水を赤ちゃんに飲ませる場合は、ミネラルの少ない軟水を選びます。心配なときは一度沸騰させてから冷ました水を飲ましてあげるといいでしょう、ウォーターサーバーによっては、ミネラルを除いてくれるところがあるので検討してみてください。(ママリ)

引用URL:

赤ちゃんにいつからお水を飲ませて大丈夫?水道水・ペットボトル・ウォーターサーバーなど、どの水を選んだらいい? [ママリ]

ウォーターサーバーの注ぎ口に注意!

オフィスや家庭でウォーターサーバーを使っている人が増えています。大学の調査によると家庭やオフィスに置かれているウォーターサーバーの30%の水が、水道水の基準を超えていました。細菌が健康に影響に詳しい専門家は、外気に触れているウォーターサーバーの注ぎ口は、細菌やカビが発生しやすいと言っています。注ぎ口や受け皿を清潔に保つことは安全な水を飲むために必要です。(女子SPA!)

引用URL:

その飲み物、細菌だらけ!?ウォーターサーバーが水道水より汚い可能性も | 女子SPA!

ウォーターサーバーのメリットを3つ紹介しています。

ウォーターサーバーを利用するメリットは、利便性、衛生・健康、コストの3つが挙げられます。利便性としては、宅配で届けられるので重いペットボトルを持たなくて住む、冷水と温水がいつでも飲めるので手間がかからないです。衛生・健康では、メンテンナスや交換が無料で実施される、軟水のウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクや薬を飲む時、ペットにも安心して飲ませることがでます。コストは、ボトルの配送が基本無料、ペットボトルを買うより安い、電気代が電気ポットとほとんど変わらないです。(オリコンCSランキング)

引用URL:

家庭用ウォーターサーバーのメリット・デメリット|オリコンCSランキング ウォーターサーバー