読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーに潜む危険性とは?

冷水と温水が気軽に楽しめるウォーターサーバーにも隠れた危険があるのです。それでは詳しく説明していきます。

実は雑菌が繁殖しやすい危険性がある。

ウォーターサーバーの種類によっては雑菌が繁殖している危険性があります。ボトルを取り換える時に空気が入ってしまうことが原因なのです。そのため内部は定期的に掃除をしないといけません。ウォーターサーバーの業者に頼んでメンテナンスをしてもらう必要があります。Water Life

引用URL:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

正しいお手入れの仕方を教えます。

1週間に1回くらいの頻度でしてほしいのは本体の掃除です。
主に本体をきれいなタオルで拭いたり、蛇口部分をブラシなどできれいにします。水ボトルの差込口の周りをきれいにすることも大切です。掃除自体はすぐに終わるので汚れが気になったときにでも掃除をしてください。COSMOWATER

引用URL:知っとくコラム | 天然水ウォーターサーバー【コスモウォーター】の宅配水

正しくボトル交換ができていますか?

ボトル交換をするときに気を付けていただきたいのは雑菌などが入らないようにすることです。雑菌が入ってしまうと水の劣化が進みやすいので注意してください。そのため交換時に衛生面に気をつけて使うことが大切です。ボトルの差込口を清潔にすることで雑菌の侵入を防ぐことができます。布かキッチンペーパーにアルコールを吹きかけて差込口をきれいに拭きましょう。普段から清潔にすることを心がけてください。 アルピナ ピュアウォーター研究所う

引用URL:ウォーターサーバーのボトル交換の正しい方法とは? | ウォーターサーバーのアルピナウォーター

メンテナンス不要のウォーターサーバーがあります。

外装は簡単に掃除できますが、内部のメンテナンスは業者に頼む必要があります。ですが、ウォーターサーバーによってはメンテナンス不要の種類もあるのです。サーバー内部にクリーニング機能が付いていてメンテナンスがいらない機種もあります。フレシャスの「SIPHON」、「SIPHON Slim」は温水をサーバー内に循環させてきれいにするセルフクリーン機能が付いてます。お手入れが楽なのでお勧めです。ウォーターサーバー選びを成功させる比較のポイント

引用URL:メンテンス不要、簡単サーバー