読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

感動!コーヒーの味は水でこんなに変わる

私はコーヒーが好きで、毎朝必ず2杯飲む習慣があります。そんなコーヒー好きが、コーヒーに使う水について色々調べてみたので、ご紹介したいと思います。

ウォーターサーバーの水でコーヒーを淹れたらとても美味しかった

最近、ウォーターサーバーを購入したのをきっかけに、コーヒーの水にこだわるようになりました。いつもは、水道の水を沸かして作っていたのですが、ウォーターサーバーの水で作ったコーヒーを飲んでみると、ビックリするぐらい美味しいのです。

もっと早く気付くべきたった水へのこだわり

これまで豆にこだわったことはありましたが、水を変えてみるという意識はありませんでした。でも、いくら良質な豆にしたところで、使っている水が水道水なら、その味にも限界があります。もっと早く気付くべきでした。

興味がわいたので水について色々調べてみた

好奇心に火がつき水について色々調べていると、ウォーターライフというサイトに、まさに私が知りたかった内容の記事がありました。タイトルはずばり、「軟水と硬水コーヒーの違いを知って、コーヒーをもっと美味しく飲もう!」軟水と硬水については、聞いたことはありましたが、その違いについては知りません。ましてや両者を飲み比べたことなどありません。この記事には軟水と硬水の違いをはじめ、なぜ軟水と硬水でコーヒーの味が違うのかを、分かりやすく解説してあり、とても参考になりました。

軟水と硬水で淹れるコーヒーの違いとは

この記事を読んで分かったことは、まず日本の水はほとんど軟水で、普段私たちが使っている水道の水も軟水であるということです。そして、軟水と硬水で飲むコーヒーの違いですが、軟水の場合は、豆の酸味や香りを楽しむことができ、一方で硬水の場合は、苦みや渋みを味わうことができるとのことです。ウォーターライフの記事では、それぞれの水に含まれる成分から紐解いて、科学的に味の違いを解説してあるので、深く掘り下げて知りたい方は参考にしてみるといいでしょう。