読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルの水の賞味期限と保管

災害備蓄用に家庭内で複数本のペットボトルの水を確保している人も多くいます。このペットボトルの水は、賞味期限があるので数十年間後にも飲むことができるというわけではありません。

ペットボトルの水の賞味期限とは

賞味期限とはペットボトルの製品に限らず、おおよその食品には記載されているものです。この賞味期限は、おいしく食べることができる期限であり消費期限とは異なるので、ペットボトルの製品であれば少しの期間すぎたくらいでは口に含んで体調を崩すことはあまりありません。

 

引用URL:ペットボトルの賞味期限切れの水はいつまで飲める?未開封であれば問題ない? | 健康一番

 

消費期限の定め方とペットボトル

賞味期限の定め方は、各メーカーにより異なりますが、多くの場合余裕を持たせて実際の期限の7割程度に定められています。ペットボトルの容器は、紙パックよりも強度が強く、缶製品よりも弱く、賞味期限は2年から5年以上の賞味期限で設定されていることが多いです。

 

引用URL:ペットボトル!賞味期限が短いのは何故?

 

ペットボトルの保管と水の匂い移り

ペットボトルの水は、基本的には加熱殺菌処理が施されてから、詰められるので雑菌が入ることはなく腐ることはありません。しかし、ペットボトルの容器は空気をわずかに通す性質があります。そのため、容器内の水に匂いが移ることもあります。これを防ぐために水を長期保管する場合は、石鹸などの匂いのきついものそばに置かないことが必要になります。

 

引用URL:ペットボトルの水にも賞味期限ってあるの? | WaterLife(ウォーターライフ)

 

ペットボトルの劣化と長期保管方法

ペットボトルの保管には匂い移り以外にも注意するべきことがあります。それは、ペットボトル容器自体の劣化です。長期間時間が過ぎるとペットボトル自体が劣化し、成分が水に溶けだしてしまうこともあります。これを防ぐために、長期間保管する場合はペットボトルの劣化を避けるために日光をあまり浴びないような暗所で保管することが好ましいとされています。

 

引用URL:備蓄用ミネラルウォーターの賞味期限と保管方法 | ウォーターサーバーのアルピナウォーター