読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルの水の賞味期限。水の劣化の理由とは。

最近は日常生活だけではなく、運搬に便利なこともあり災害時にも多く用いられるペットボトルの水。「水は腐らない」という話は本当でしょうか。安全にペットボトルの水を摂取する為に注意したいことをまとめました。

ペットボトルの水は本当に腐らないのか?

ペットボトルの水にも賞味期限があります。通常2年ほどに設定されていますが、ペットボトルの水は濾過され、加熱殺菌されていますので基本的には腐ることはありません。従って賞味期限が切れた水も飲むことは可能ですが、ペットボトルの劣化によって雑菌が繁殖するというリスクがあります。つまりペットボトルの容器の安全性も含めて安全に水が摂取できるという意味で、賞味期限が設定されています。

 

引用URL:ペットボトルの水にも賞味期限ってあるの? | WaterLife(ウォーターライフ)

 

ペットボトル内の水でも匂いがついてしまう

ペットボトル内の水は腐ることはありませんが、未開封で密封れた状態でもわずかに気体が透過する可能性はあります。従って水が保管してある場所の匂いが水についてしまうという可能性があることも覚えておきましょう。賞味期限内であっても保管場所に留意することでおいしく水を飲めるようになります。

 

引用URL:ペットボトルの賞味期限切れの水はいつまで飲める?未開封であれば問題ない? | 健康一番

 

ペットボトル内の水も蒸発してしまう

ペットボトル内に詰められ未開封のままの水も、長い期間を経ると少しずつ蒸発してしまいます。ペットボトル入りの水に賞味期限が設定されている理由の1つとして計量法があります。ペットボトル内の水の2%が減ってしまうと内容量を満たしていないという規定の下で販売できなくなります。ペットボトル内の水も時の経過と共にわずかずつ蒸発しますので、蒸発してしまう水を規定内におさめるために、およそ2年という賞味期限が設定されているわけです。

 

引用URL:知ってた?腐らないはずのペットボトルの水に賞味期限がある理由

 

賞味期限が過ぎてしまった水も災害時には貴重

ペットボトル入りの水にも賞味期限がありますが、賞味期限が過ぎてしまっても捨ててしまうことはありません。災害時など水が手に入らない場合、歯磨きや洗顔としての用途があります。またペットボトル内に空気が透過してして匂い移りした水も、煮沸し、お茶やコーヒーにすることで抵抗なく飲むことができるようになることもあります。日常使う範囲の賞味期限を把握しながら、期限切れになっても特に災害時には利用価値があるということも覚えておきましょう。

 

引用URL:備蓄用ミネラルウォーターの賞味期限と保管方法 | ウォーターサーバーのアルピナウォーター