読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

賞味期限が過ぎたペットボトルの水は大丈夫?

今の時代は水にこだわり購入する人も増えていてペットボトルの水は生活に欠かせないものとなっているのではないでしょうか?
ペットボトルの水にも賞味期限がありますが、賞味期限が過ぎた水は飲めないのでしょうか?

 

ペットボトルの水の賞味期限が過ぎたら

ペットボトルの水にも賞味期限があります。賞味期限というのは、冷蔵や常温で保存がきく食品に表示してあり、未開封で、正しい保存方法で保存したときに、おいしく食べられる期限です。食品は賞味期限が過ぎたからといって直ぐに食べられないわけではありません。
ペットボトルの水も同じで、賞味期限が過ぎたとしても、直ちに飲めなくなるわけではないのです。

ペットボトルの水は腐らないのでは?

ペットボトルの水は未開封の状態で正しい保存方法であれば殺菌処理やろ過してあるので基本的には腐りません。
ただ長い間保存しておくとペットボトルが劣化してきます。劣化したペットボトルに傷がつき、そこから雑菌が繁殖してしまい飲むことが出来なくなってしまいます。

ペットボトルは気体を通してしまう!

長期間ペットボトルの水を保管しておくと、わずかですが気体を通してしまい周りの匂いがついてしまう事があります。
衛生的には問題はなくても、味がついた水は美味しく飲めなくなってしまいます。その場合はお風呂や洗濯などに使用しても良いでしょう。
味や風味が気になるときは、やはり早めに飲むことを心掛けたいものです。

備蓄のペットボトルの水は賞味期限を確認してみましょう

災害時のために水を保管している方も多いと思います。ペットボトルの水は未開封で正しい保管方法であれば賞味期限を過ぎても飲むことは可能です。ただし、長期間にわたって保管しておくと劣化や匂いがついてしまう事を考えると、賞味期限内においしく飲んで、賞味期限は定期的に確認してみることをおすすめします。

water-life.info