読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーの雑菌を防ぐ!メンテナンスの重要性とは?

ウォーターサーバーのメンテナンスを面倒に思う人は少なくありません。 

でも、このメンテナンスがサーバーの雑菌を防ぐ為に重要なんです。

 

ウォーターサーバーは雑菌が繁殖する可能性が高い

ウォーターサーバーは水の出入り口やボトルの交換口から空気が混入する可能性があるので、構造的に雑菌が入りやすいです。
また、塩素などの殺菌成分が余り配合されていないので、混入した雑菌が繁殖しやすくなります。
引用 :実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

雑菌の繁殖を防ぐにはメンテナンスが重要

ウォーターサーバーで安全で美味しい水を楽しむ為にはメンテナンスが重要です。
メンテナンスにはサーバー内部の掃除を行う内部メンテナンスと、水の注ぎ口やボトルの交換口の掃除を行う外部メンテナンスがあります。
内部メンテナンスはメーカーが定期的に行い、外部メンテナンスは使用者が定期的に行います。
引用 :ウォーターサーバーのメンテナンス・お手入れ方法を比較してみました。

内部メンテナンスはメーカーによって違いがある

ウォーターサーバーの内部メンテナンスはメーカーによってメンテナンスの頻度、料金、内容などに違いがあります。
1年に1回定期メンテナンスを行うメーカーもあれば、2年に1回定期メンテナンスを行うメーカーもあります。
また、最近はサーバーにクリーニング機能が付いたメンテナンスフリーのサーバーも増えています。あくまで内部メンテナンスが不要なだけで、メンテナンスフリータイプでも外部メンテナンスは必要です。
引用:http://ウォーターサーバーマニアの比較サイト.com

雑菌が繁殖しやすい水もあるので注意

ミネラル成分を多く含む水を使ったウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすいと言われています。
雑菌は水に含まれるミネラルを餌にして繁殖するからです。
安全面を重視して水を選ぶならミネラル成分が入っていないピュアウォーターが最適です。天然水は水によってミネラル含有量に差があります。日本の天然水のミネラル含有量は少ない方ですが、ゼロというわけではありません。
引用 :雑菌が入りにくいウォーターサーバーの選び方とは? | ウォーターサーバーのアルピナウォーター