読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

美味しい水と人間の本質的な抵抗力

現代の日本は昔と比較すると衛生面では非常に向上しています。
しかし綺麗な環境になれることで、抵抗力が落ちてきているともいえるのです。

雑菌がより少ない水を摂取すること雑菌がより少ない水を摂取すること

現代はウォーターサーバーというものがあり、水を飲むにしても、美味しい水という形容詞がついた水を飲める世の中になっています。
ウォーターサーバーを使用することで、より雑菌等の少ない、安心して飲める水がそのような水をさしているようにも感じます。

昔は水から雑菌に対する抵抗力もつけることができた

昔は今よりも衛生面の技術では劣っているのは確かで、そのような環境のもとで家庭に届いていた水道水を飲むのが当たり前だったのです。
しかも、それを飲んだことで身体に異常をきたすこともほとんどなかったのです。

抵抗力をつけて強い人間になること

そのような昔の衛生技術の環境で飲む水道水の中には、現代よりも多くの雑菌が含まれていたのです。
しかし人間の本質により、それらの雑菌に対する抵抗力がついて、自然と人間の体は強くなっていたのです。
そのように人間の本質的な働きにより人間自身が当時の環境に普通に適した形に変化していたのです。

water-life.info

抵抗力の機能を落とさないために注意すること

そう考えると、衛生面で進化した現代において、雑菌のほとんどないウォーターサーバーの水を飲むことで、確かに美味しさというものは感じるでしょうか、一方で、昔の人間のような雑菌に対する抵抗力がつかず、その本質的な機能が働く場所をなくし、体自体が昔よりも弱っているとも考えらるのです。
そのような意識のもと、常時ウォーターサーバーの水を摂取することを避け、水道水も飲むことで本質的な機能を働かせることも大切なのです。