読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ショック!ウォーターサーバーに隠された危険性

ウォーターサーバーには、細菌が混入する危険性があるのです。
毎日口にする水だからこそ、安全性はしっかり確保したいものです。

 ウォーターサーバーによっては、菌が繁殖しやすい?!

日頃何気なく行っているウォーターサーバーのボトル交換。
しかし、このウォーターサーバーのボトル交換の瞬間が、菌が混入する可能性のあるタイミングなのです。菌が入る可能性はウォーターサーバーの構造によって異なります。

water-life.info

そこまで言う?!ウォーターサーバーは雑菌の楽園?

ウォーターサーバーにて使用する水は、塩素が含まれていません。
それが、菌を繁殖させる格好の場所になる要因になります。
ミネラルウォーターに含まれる峰られ成分も菌が繁殖するのに格好の材料なのです。

ペットボトルも危険!特に見かけの放置は雑菌がいっぱい

ペットボトルは、開封しなければ保証期間が一つぞ保存期間の目安になります。
しかし、開封すると菌が混入するのです。
直接口さえつけなければ良いと思っていたのですが、コップを使っていたとしても空気中から菌が混入して、あっという間に増殖するのです。

ミネラルウォーターの賞味期限は容器が理由!

ミネラルウォーターには、2年程度の賞味期限が設けられています。
水自体にはあまり問題がないのですが、ペットボトルの耐久性などから賞味期限が設けられています。ウォーターサーバーの場合も、交換用の水ボトルに傷が付いているような場合は保管に気をつけたほうがよさそうですね。