読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

衝撃!ウォーターサーバーが菌の温床?!

毎日口にするウォーターサーバーが菌の温床になっています。
こんな衝撃的なことがあって良いのでしょうか。

考えているより不衛生?ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、我々が考えているよりも不衛生なのです。
なんと菌が繁殖しやすい構造になっています。
しかし、クリーニング機能が付いているウォーターサーバーもありますので、しっかりと衛生対策が行われたものを選びたいものです。

water-life.info

ウォーターサーバーの菌の繁殖のしやすさには訳がある

ウォーターサーバーが菌が繁殖しやすいのには訳があります。
第一に、水に塩素が含まれていないこと。塩素には殺菌作用があるので、塩素がなければ雑菌が繁殖しやすいのです。第二に、ミネラル豊富な水であることが、雑菌の栄養になってしまうことです。

水自体は殺菌されている!問題はウォーターサーバーの構造

海外の水と国内の水では、水に対する考え方が異なります。
国内の水の場合は、完全に殺菌処理が行われているため、水自体には雑菌が混入する可能性は極めて少ないです。
そのため、ウォーターサーバーに雑菌が混入するとすると、蛇口付近やボトル交換時のボトル装着部分からということになります。

ボトル開封後は速やかに水を飲んだほうが良い

ミネラルウォーターでは、開封前であれば水の保証期間は2年から3年程度となっています。
しかし、開封した後は、空気から菌が感染する可能性が大きくなるため、速やかに飲んだほうが良いのです。
ウォーターサーバーについても、ボトル装着後は速やかに水を消費したほうが良いということなのかもしれません。