読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

知っておきたい!ウォーターサーバーに潜む雑菌について

交換式で安心・安全なイメージのウォーターサーバー
しかし、気をつけないとかえって不衛生になっている可能性もあるのです!

便利・安心・おいしい飲み水を求めて

特に東日本大震災以降、飲み水の安全性についての意識が高まり、ウォーターサーバーは一般家庭にも当たり前に置かれるようになってきました。
ミネラルウォーターのタンクを必要な時に配達してもらい、ウォーターサーバーに交換取り付けすることによっていつも品質の良い水を飲めるようになったのです。

ウォーターサーバーに雑菌がたまってしまっているかも?

ウォーターサーバーには必ずしも雑菌に強くない構造のものもあります。
普及に従って利用者の安全に対する目も厳しくなり、雑菌の問題も重視されるようになりました。
一方、急速に広まりしだした頃のサーバーは雑菌対策が十分であったとはいえない面があります。雑菌のたまりやすい構造や、メンテや清掃が十分でないまま使い続けられている場合、水の通り道が菌のたまり場になってしまっている可能性もあるのです。

チェックポイントは雑菌の入口と内部の清潔さ

ウォーターサーバーに雑菌はどこから来るのかが疑問になることでしょう。タンクはもちろん衛生的ですが、問題はボトルを交換する時です。交換時、空気中の雑菌が水のパイプに入り込んでしまうのです。これを防ぐには構造が空気が入りにくくなっているものを選ぶことです。
また、サーバー内部を清潔に保つことも重要です。この点では、サーバーにクリーニング機能がついていると良いでしょう。

安全性を見極めて、おいしく安全な飲み水を

機械だけのことでなく、水の元となる水源のチェックを定期的に行っているサービスかどうかということもチェックしたいポイントです。
正しく、上手に使えばウォーターサーバーは安心でおいしい水を飲める手段です。しかしサービスが多種に渡る昨今、安全に使い続けられるものかどうかを自分で見極めることも大切になってきます。

water-life.info