読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーを選ぶ時は衛生面に気をつけよう

家庭やオフィスで便利に水が飲めるウォーターサーバーが人気ですが、選び方に気を付けないと衛生的でない場合もあります。
正しいウォーターサーバーの選び方を知って安全に水を利用しましょう。

種類によっては雑菌が繁殖しやすいウォーターサーバーもある

日本の家庭やオフィスで急速にウォーターサーバーが普及しはじめたのは東日本大震災以降だとされています。
ウォーターサーバーは水のボトルを交換すればいつも美味しい水を飲むことが出来るので便利ですが、多くの家庭に普及するのに伴って、サーバーの内部で雑菌が繁殖しやすい種類があることが問題視されるようになってきました。

どうしてウォーターサーバーの中で雑菌が繁殖するのか

ウォーターサーバーの内、雑菌が繁殖しやすい種類とは、水のボトルを交換する時にサーバーの内部に雑菌が侵入しやすく、そのまま中で繁殖してしまう構造になっているものです。
ウォーターサーバーにセットするミネラルウォーターには殺菌成分が入っていないため、水道水よりも雑菌が繁殖しやすいということもウォーターサーバーが不衛生になりやすい理由になっています。

すでにウォーターサーバーを使っている人は要注意

先にも述べたように、東日本大震災以降のウォーターサーバーがよく導入されていた時期にサーバーを入手した人は、雑菌が溜まりやすい構造のものを使っている可能性があるので、一度メンテナンスをするなどの対策を取った方が良いでしょう。
特にサーバー自体の交換やメンテナンス、清掃をこれまでしていなかったという場合はサーバーの中で雑菌が繁殖していて、不衛生な水を飲んでいる危険性もあるので要注意と言えます。

安全にウォーターサーバーを使うにはどうすれば良いのか

近年ではウォーターサーバーに求められる安全基準が厳しくなっており、メーカーではサーバーの中に空気中の雑菌が入りにくい構造のものを開発するなどの対策を取っています。
また、サーバー内部を清潔に保つためのクリーニング機能がついている種類もあるので、そういう種類を選べば衛生的に利用することが出来ます。
ウォーターサーバーは多くの会社が出していますが、自分で安全性の高い種類を選んで利用することが健康を守るためにはおすすめです。

water-life.info