読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

雑菌繁殖を防ぐウォーターサーバーの選び方

清潔な飲料水を気軽に飲めるウォーターサーバーですが、油断していると雑菌が大量に繁殖してしまうこともあります。
綺麗で安全な水を飲み続けられるウォーターサーバーの選び方をご紹介します。

ウォーターサーバ内で雑菌が大繁殖!?

いつでも新鮮な飲料水が手に入るウォーターサーバーはとても便利なものですが、衛生面での問題も浮上しています。ウォーターサーバーはその仕組み上、水の入ったタンクを取り換えるときに雑菌が付着すると、内部で大繁殖してしまう可能性があります。それに加えて、タンク内のミネラルウォーターは水道水と違い殺菌作用の薬品などがあまり含まれていない、という点も雑菌の繁殖に影響しています。

引用サイト:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

雑菌が繁殖しにくいウォーターサーバーとは

それでは、雑菌が繁殖しにくい安全なウォーターサーバーとはどのようなものなのでしょうか。ウォーターサーバーの内部に雑菌が入る一番の原因は、ボトルを交換するときに空気に含まれた雑菌がサーバー内に侵入してしまうことです。ウォーターサーバーを選ぶときは、空気中からの侵入を抑える構造になっているタイプを選択しましょう。

引用サイト:雑菌が入りにくいウォーターサーバーの選び方とは? | ウォーターサーバーのアルピナウォーター

ボトルはワンウェイタイプが安全性大!

水の入っているボトルも雑菌の侵入口になりえます。再利用を行うガロンタイプと呼ばれるものは、水と空気がボトルに逆流するので雑菌を取り込みやすい仕組みとなっています。一方、水を使うたびにボトルがつぶれていくワンウェイタイプと呼ばれるものはボトル内部に空気がとどまりにくい構造なので雑菌の繁殖を抑えることができるのです。衛生面からウォーターサーバーを選ぶときはワンウェイタイプのボトルを使うものを選ぶことをおすすめします。

引用サイト:安全・衛生面で選ぶ | ウォーターサーバー比較ランキング

メンテナンスはセルフとメーカーサービスを使い分けよう

ウォーターサーバーのメーカーにはメンテナンスサービスを行っている会社が多くあります。専門家だからこそできる細かい内部のメンテナンスを定期的に依頼することで、内部のほこりや汚れを軽減し雑菌の繁殖を抑える効果があるので、ぜひサービスのあるメーカーを利用しましょう。
また、日々のセルフメンテナンスも雑菌予防に欠かせません。特に水の触れるコック周辺は常に空気が触れて雑菌が付着しやすい部分でもあります。アルコールなどで定期的に拭き掃除を行うことをおすすめします。

引用サイト:ウォーターサーバーのメンテナンスについて | ウォーターサーバー徹底比較.net