読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ウォーターサーバーを利用するなら

ウォーターサーバーは自宅でいつでもおいしい水が飲めるので便利ですが、殺菌消毒の問題がきちんとなされているかのチェックが必要です。
クリーニング機能や飲み切りタイプのボトルを選ぶと安心して利用できます。

サーバーは自分で掃除するのが難しい

ウォーターサーバーは便利ではありますが、定期的にボトルを交換するタイプでもサーバーの構造上交換する部分から雑菌が入ってしまう可能性が否定できません。
ウオーターライフの実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)でも記載されていますが、ウォーターサーバーはボトルを交換するときに空気中の雑菌が入り込み、繁殖してしまうと食中毒や腎炎など体に悪影響を与えることもあるのです。

安全性と品質は定期的にチェックを

水質検査は業者の側できちんとしているはずですし、もともと日本は水質基準が厳しい国ですので成分ごとに細かい基準が設定されており、世界トップレベルの安全性を維持しています。
せっかく水質がトップレベルなのですから、サーバーから雑菌が混入しないようにウオーターサーバーにクリーニング機能がついているものを選ぶべきです。

ミネラルたっぷりの水は菌が繁殖しやすい?

ミネラルたっぷりの水は菌が繁殖するためには絶好の環境になります。
塩素が少なめになところも繁殖に適した環境です。
ウォーターサーバーに空気が混入するのを防ぐしくみとしてはワンウエイ方式や真空パックがおすすめです。
外気に触れた瞬間から雑菌の混入を防ぐのは難しくなりますので、早めに飲み切れるサイズのボトルにすることも必要です。

蛇口付近から菌が混入する場合も

ボトル交換時だけが雑菌の混入の危険があるわけではありません。
蛇口付近から発生した菌が管を伝ってボトル内に侵入する危険性も考えられます。
高温のお湯を循環させることで殺菌できますが、温度を上げすぎるとミネラルが付着してボトルやサーバーから水が出にくくなることも考えられます。
アルコールで蛇口をふく、メンテナンスをするなどこまめな清掃が必要です。