読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

決して清潔なものではない!ウォーターサーバーの安全性を考える

ウォーターサーバーは、誰もが衛生管理がきちんと行われているものと考えているのではないでしょうか。
しかし、サーバーによっては菌が繁殖しやすいものもあります。

簡単には安全な水は手に入らない

安全な水を確保するためには、ウォーターサーバーをしっかりとメンテナンスする必要があります。
ウォーターサーバーの中には雑菌が繁殖しやすい構造のものがあるからです。そして、ミネラルウォーターに含まれるミネラル分が栄養となって、雑菌は繁殖し放題なのです。

引用サイト:ウォーターサーバーは雑菌の楽園!?簡単には手に入らない安全な水 | WaterLife(ウォーターライフ)

雑菌が入るタイミングはいつなの?

ウォーターサーバーは、定期的に水のボトルを交換して使用しますが、その時にジョイント部分から空気中の雑菌が混入することがあります。
ウォーターサーバーの構造によっては、雑菌が入りにくいものもありますので、購入前にしっかりと安全性を検討しましょう。

引用サイト:実は菌だらけ?ウォーターサーバーに潜む雑菌の危険性 | WaterLife(ウォーターライフ)

供給される水の安全は確保されているのか?

ウォーターサーバーに補給するための水の安全性については、海外産の水と国内産の水では基準が異なります。
海外産の水の場合は、ミネラル成分が死んでしまわないように、殺菌は行っていません。一方、日本の水に関しては殺菌を行うことが義務付けられています。国内産の水のほうが安全ということができます。

引用サイト:ミネラルウォーターの安全性は信じていいの!?日本における殺菌処理法とは | WaterLife(ウォーターライフ)

飲みかけの水は雑菌がものすごい勢いで繁殖する

ウォーターサーバーの水をペットボトルに移して持ち歩く人もいるでしょう。
もともと、ウォーターサーバーの中に雑菌が潜んでいるとしたら、その雑菌を持ち歩くことになります。また、ペットボトルを口のみしている場合は、さらに雑菌の繁殖のスピードが上がってしまうのです。飲みかけの水は早く飲むようにしましょう。

引用サイト:飲みかけのペットボトルって実は細菌の温床って本当!? | WaterLife(ウォーターライフ)