読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲水思源

水について淡々と語るブログ

ペットボトルの賞味期限って必要!?水は腐らないんじゃないの?

ペットボトルの水にもよく見ると賞味期限が設定されています。
水は腐らないとお思いの方も多いと思いますが、この賞味期限には理由があるのです。

 

ペットボトルに入った水の賞味期限は?

ペットボトルに入った水の賞味期限は一般的に1年から5年。これらの水は丁寧なろ過、加熱殺菌を経て密閉されているので、基本的には腐ることはありません。
水道水や湧き水とは密閉時の状態が違うので、ペットボトルの水は賞味期限が長期間で設定されています。

引用URL:ペットボトルの水にも賞味期限ってあるの? | WaterLife(ウォーターライフ)

賞味期限が切れた水は飲んでも大丈夫?

ペットボトルに入った水は腐らないのであれば、賞味期限はなぜ設定されているのでしょうか?
特に賞味期限を気にすることなく、飲んでも問題が無いように感じます。しかし、それは間違いで、この賞味期限にはちゃんと理由があります。

引用URL:ペットボトルの賞味期限切れの水はいつまで飲める?未開封であれば問題ない? | 健康一番

実はペットボトルは空気を通している!?

ペットボトルは水も空気も通さないイメージがあると思います。しかし、ほんの少しずつではありますが外の空気が中に入り込んでいます。そのため、雑菌が入って知らないうちに中で繁殖していることがあります。
また、保存状況によってはその他の食品の匂いがうつってしまい、おいしく頂けないことがあります。

引用URL:ペットボトルの水!賞味期限切れでも飲めるの? | トレンド情報サイト

法律上も賞味期限の設定が必要なようです。

賞味期限が設定されている理由のもう一つが法律上の問題です。
前述の通り、ペットボトルは空気を通します。外から入ってくることもありますが、当然中の水分も蒸発して減っていきます。「計量法」と呼ばれる法律で、記載される容量を2%下回ると販売することができなくなると定められています。つまり、500mlのペットボトルから10mlの水が蒸発すると製品としては販売できません。10mlの蒸発に必要な期間がおよそ2年とされているため、賞味期限は2年前後で定められていることが多いです。

引用URL:知ってた?腐らないはずのペットボトルの水に賞味期限がある理由